おすすめ記事

米国、世界一の経済大国の座は盤石-中国に対しGDPリード拡大

記事を要約すると以下のとおり。

世界一の経済大国の座を巡る争いで、米国は中国をさらに引き離した。
China'sEconomyFallsFurtherBehindUSUShasenjoyedastrongrecoveryfromthepandemicSource:Bloomberg;WorldBank  両国の経済の差は、それぞれの株式市場は前回のピーク時から計6兆ドル(約886兆円)相当の時価総額を失っている。
数十年ぶりの高水準に達したインフレとの闘いで米金融当局が利上げを実施したため、昨年初め時点では米国がリセッション(景気後退)に陥ると幅広く予想されていた。
25日発表の昨年10-12月(第4四半期)の米実質GDPは前期比で年率3.3%増だった。
 対照的に中国は、不動産不況やデフレに苦しんでいる。
 一方、米経済のコロナ禍後の底堅さはエコノミストを驚かせている。
 米国には、歴史的に高水準にある財政赤字など、長期的な懸念もある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国、世界一の経済大国の座は盤石-中国に対しGDPリード拡大

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう