おすすめ記事

米国「レガシー半導体」でも対中規制を模索、商務省が調査開始へ

記事を要約すると以下のとおり。

米商務省は最先端ではないが世界経済にとって不可欠な旧型の「レガシー半導体」について、中国の生産動向に関する情報収集を開始する。
 レモンド商務長官は声明で、調査は「次のステップを考える上で参考になる」とした。
下院中国特別委員会は最近、超党派の報告書で、レガシー半導体の生産工場に巨額の資金を投じて対抗した。
これが2022年の「CHIPS・科学法」の制定につながった。
また防衛業界の請負業者がサプライチェーンから中国製半導体を段階的に排除するよう促す狙いもあると述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国「レガシー半導体」でも対中規制を模索、商務省が調査開始へ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう