おすすめ記事

米国で住宅ローン金利3%も-資金豊富な買い手は数千ドル節約可能

記事を要約すると以下のとおり。

来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、当局が年内に何回の利下げを示唆するかについて、エコノミストの見方は分かれている。
しかし、インフレ低下に進展がなく、利下げ計画は延期されている。
会合では新たな経済・金利見通しが示される。
調査によると、24年のインフレ見通しは若干引き上げられ、米国内総生産(GDP)成長率予想は2.1%、年末の失業率は4%との予測は据え置かれる見込みだ。
EconomistsSeeThreeInflationReportsasKeytoCuttingRatesThiswouldgiveFedconfidenceoninflationreturningtothe2%goal.Morethanoneanswerwasallowed.    会合2日目の12日には、政府が5月の消費者物価指数(CPI)が発表される。
上昇率が0.3%と、昨年7月の58%を大きく下回った。
 スカンジナビスカ・エンスキルダ・バンケンの米国担当エコノミスト、エリザベト・コペルマン氏は「労働市場の減速を示す明確な証拠」があれば、利下げを促すかもしれないと述べた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国で住宅ローン金利3%も-資金豊富な買い手は数千ドル節約可能

Twitterでフォローしよう