おすすめ記事

米国で成績低迷した注目のクオンツ取引、アジアと欧州では好調

記事を要約すると以下のとおり。

 昨年最も注目されたクオンツ取引の一つが、米市場では失敗しながらも、他の地域で再開されつつある。
MSCIの指数によれば、日本では割安感のある株式がいわゆる成長株を7ポイント上回っている。
欧州ではバリュー株投資が今月復活を遂げ、割安株が2023年のトップパフォーマーとなった。
米国では熱烈な人工知能(AI)ブームが成長株をけん引し、リターンでバリュー株を30ポイントも引き離している。
最近の大半の時期のように業績が好調なら特にそうだとリポートで分析した。
増幅効果  特に日本では、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が日本の商社への投資を増やし、証券取引所が株価純資産倍率の低い企業に対してバリュエーションの改善を促したことも、バリュー株の上昇要因となった。
投資家が、日本や世界のインフレが正常な水準以上に維持されると考えていることを示唆していると話した。
借り入れコストの上昇は、バリューなど一握りの企業特性に従って選択された数百の株式に分散投資されるため、少数の大型株が上昇を独占すると、運用成績が悪化する傾向がある。
 BNPパリバ・アセット・マネジメントのクオンツポートフォリオ運用責任者、オリビエ・ラプレニー氏は「今年の米国に特有なのは、AIに関連するいくつかの大型株のパフォーマンスだ」と指摘した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国で成績低迷した注目のクオンツ取引、アジアと欧州では好調

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう