おすすめ記事

米国の「退職危機」と公的債務膨張、ブラックロックCEOが危惧

記事を要約すると以下のとおり。

資産運用会社 ブラックロックのラリー・フィンク最高経営責任者(CEO)は26日、米国に迫り来る「退職危機」について警告し、若い世代が自分たちの将来のために十分な貯蓄ができるよう支援するようベビーブーマー世代に呼びかけた。
彼らは正しいと説明した。
退職を含む長期的な目標のために投資することは、悪いことではないだろうと付け加えた。
 フィンク氏はまた、米国が抱える公的債務の状況は「記憶にないほど切迫している」と指摘し、成長を促進する政策を採用する必要があると論じた。
 米国は、金利を引き上げれば既に膨れ上がっており、米政府が10年物の米国債に支払わなければならない金利が3年前と比べて3ポイントも増えていることは「非常に危険だ」と指摘した。
 「雪だるま式に膨れ上がる米国の債務に、もっと多くのリーダーが注意を払うべきだとし、その上で、債務危機は避けられないわけではないとして、資本市場がインフラ投資、特にエネルギー産業への投資を通じて経済成長を支えるよう訴えた。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国の「退職危機」と公的債務膨張、ブラックロックCEOが危惧

Twitterでフォローしよう