おすすめ記事

米国のEV普及、一気にスピードアップか-先行する加州が示唆

記事を要約すると以下のとおり。

米国における電気自動車(EV)普及のスピードを知りたいなら、カリフォルニア州に目を向けてみるといい。
カリフォルニア州は2018年にこの節目に到達。
普及ペースが衰える兆しも見えない。
このトレンドが継続すれば、新車に占める可能性がある。
 EVが大衆車モードに切り替わるタイミングを見分けることは、自動車業界にとって生き残りをかけた課題となりつつある。
 テスラはこのほど、トヨタ自動車メーカーとして先陣を切って大衆EVの規模に達したテスラは、米EV市場の6割を握る。
今年に入って値下げを行うとともに新たな機能を追加する一方で、業界トップの利益率を維持している。
 EVの普及は世界のほぼ全域で加速している。
しかし米国の今後を占うのであれば、カリフォルニアの道路に目を向けてみる価値はある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国のEV普及、一気にスピードアップか-先行する加州が示唆

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう