おすすめ記事

米国債、利下げ期待ポジションは「極端な」水準-リスク指摘する声も

記事を要約すると以下のとおり。

米国債は22日までの週に4週連続で値上がりし3月以来の連続高となった。
米商品先物取引委員会(FOMC)会合の日程に合わせたスワップは、当局が来年3月に政策金利を現在の5.5%のレンジから引き下げる確率を90%以上織り込んでいる。
 米利下げについての議論   BMOキャピタル・マーケッツのストラテジスト、ベンジャミン・ジェフェリー氏はリポートで「前年比コアインフレ率がほぼ3年ぶりの低水準となったことで、次のマクロ的な疑問は米利下げ時期となった」とコメントした。
 10年物米国債利回りは22日、1bp未満の上昇で引けた。
 債券復活  ブルームバーグのデータによると、米国債は22日までで年初来3.6%上昇。
 トレーダーは過去に何度も、金融緩和のあまりに迅速で急激な転換を織り込み、足をすくわれてきた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債、利下げ期待ポジションは「極端な」水準-リスク指摘する声も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう