おすすめ記事

米国債、利下げ期待ポジションは「極端な」水準-リスク指摘する声も

記事を要約すると以下のとおり。

米国債は22日までの週に4週連続で値上がりし3月以来の連続高となった。
米商品先物取引委員会(CFTC)の19日までのデータによると、30年物を対象とする超長期債先物へのロングは19年8月以降で最大になっている。
 米利下げについての議論   BMOキャピタル・マーケッツのストラテジスト、ベンジャミン・ジェフェリー氏はリポートで「前年比コアインフレ率がほぼ3年ぶりの低水準となったことで、次のマクロ的な疑問は米利下げ時期となった」とコメントした。
 10年物米国債利回りは22日、1bp未満の上昇で引けた。
 債券復活  ブルームバーグのデータによると、米国債は22日までで年初来3.6%上昇。
26日には570億ドルの7年債の入札が予定されている。
 トレーダーは過去に何度も、金融緩和のあまりに迅速で急激な転換を織り込み、足をすくわれてきた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債、利下げ期待ポジションは「極端な」水準-リスク指摘する声も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう