おすすめ記事

米国債の上昇は勢い失う運命-2023年の予想的中のストラテジストら

記事を要約すると以下のとおり。

米国債相場について2023年に最も正確な予測を行ったストラテジストらは、年末にかけての大幅な値上がりは新年には続かないとみている。
 3氏は今、トレーダーが過去2年と同じわなに陥っていると言う。
米連邦準備制度が24年前半から利下げを開始し、同年内の利下げ幅が1ポイント以上に及ぶとの観測を背景に利回りは急落した。
しかしブルームバーグの調査では、10年債利回りは24年末までに3.9%まで低下するというのが平均的な予想だ。
つまり、政策当局は景気を刺激しないために、かつてよりも高い金利を維持する必要があるということだ。
 インフレ率が米当局の目標である2%を上回って推移し、景気縮小のリスクを排除しているわけではないが、インフレが持続するか、人工知能(AI)の普及が生産性向上につながれば、利回りが自身の基本シナリオである4.55%より高くなるリスクの方がやや大きいとみている。
 昨年はほとんどのストラテジストやエコノミストが経済について悲観的過ぎたと同氏は指摘。
 RSMのブルスエラス氏は、同僚のトゥアン・グエン氏と共に、10年債利回りが4.5%で23年を終えると予測し、その予想は他の誰よりも正確だった。
 消費者物価の上昇が徐々に鈍化を続けたとしても、インフレ率が2.5%程度になるはずだという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債の上昇は勢い失う運命-2023年の予想的中のストラテジストら

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう