おすすめ記事

米国債スティープナー取引に逆風、利下げスピードの予測を当局覆す

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度が利下げスピードについての市場の予測を覆したことで、2024年の人気の中心となるはずだった取引がうまくいかなくなった。
ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントは24年の投資見通しを発表した際、スティープナー取引、つまり正常なイールドカーブへの回帰を「金利に関する最も簡単な取引」だと断言した。
 現在、トレーダーらは最初の利下げ観測が最高潮に達していた1月に、シュローダーの債券部門副責任者ケリー・ウッド氏(シドニー在勤)は同社がスティープナー取引から手を引く  利下げ幅は0.75ポイント強とみている。
現在は2年物債が10年債を約40ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上回っている。
関連記事金利スワップ市場が織り込む今年の米利下げ幅、一時75bpに縮小米連邦準備制度の次の行動、利上げになる「可能性それなりにある」-サマーズ氏  予想通りにいかない時に自らの信念を貫くことは常に難しい。
これは「キャリー」のコスト、つまり債券ポジションを保有し、時間がたつと新たなポジションへとロールオーバーしていくことのコストだ。
モルガン・スタンレーの最高投資責任者(CIO)、ジム・キャロン氏が債券投資を巡り語るSource:Bloomberg  ニューエッジ・ウェルスのシニアポートフォリオマネジャー、ベン・エモンズ氏によれば、この取引がうまくいくためには、米利下げが早めに実施される必要がある。
スワップ市場でフォワード市場が2年先の金利カーブをどう予想するかについてのポジションを構築した。
また、利下げ開始時期にそれほど連動しなくなる。
当社はまだソフトランディング(軟着陸)を予想しているが、急激な景気減速が起こった場合、スティープナー取引は実によく機能すると同氏は語った。
「資本主義は逆イールドでは繁栄できない。」
 2年物と5年物国債の利回りは4.44%程度で取引されている。
例えば、ほとんどの株式の平均配当利回りは約2.5%を超えるフェデラルファンド(FF)金利を大きく下回っている。
しかし、それだけの価値はある。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債スティープナー取引に逆風、利下げスピードの予測を当局覆す

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう