おすすめ記事

米国債入札に旺盛な需要、足元の高い利回り確保-利下げ織り込む

記事を要約すると以下のとおり。

26日に実施された米国債入札に買いが殺到した。
2年債入札の最高落札利回りは入札前取引(WI)の水準を下回り、事前予想よりも需要が高まったことが示された。
一方、1年物の最高落札利回りは4.314%と、4月以来の低水準となり、足元のフェデラルファンド(FF)金利をわずか75bp程度下回る水準となった。
次はより長い年限の入札が焦点になる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債入札に旺盛な需要、足元の高い利回り確保-利下げ織り込む

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう