おすすめ記事

米国債利回りの来年予想、振り出しに-ウォール街でなお大きな隔たり

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度の方向転換を受けて先週起きた突然の国債利回り大幅低下により、ウォール街のストラテジストの多くは数日前まで維持していた2024年見通しの放棄を強いられた。
 多くの金融機関で働くストラテジストの予想中央値は、米10年債利回りが3.98%まで低下するというもの。
これは18日終了の3.93%に近い。
 ゴールドマン・サックス・グループとバークレイズは、来年10-12月(第4四半期)より前に利下げが行われる公算は小さいとの従来見通しを撤回したものの、24年末の利回りをそれぞれ4%と予想している。
しばらく調整が続く可能性があるものの、来年末までに10年債利回りは4%よりむしろ3%に近づくとみていると分析した。
経済が予想以上に底堅く、インフレは想定を上回る粘着性を示し、10年債利回りは10月に07年以来の5%突破となった。
 一方で、新年に向け「債券買い」の主張を展開する会社もある。
いわゆる量的引き締め(QT)は、経済のソフトランディング(軟着陸)とインフレの粘着性、金融政策決定を左右する経済見通しについて投資家の意見は異なる。
「この3つの見通しに大きな幅があるため、金利予想には驚くほどの差異が生じることになる」と話している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債利回りの来年予想、振り出しに-ウォール街でなお大きな隔たり

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう