おすすめ記事

米国債利回り急伸を警戒、短期の弱気ポジションをトレーダー積み上げ

記事を要約すると以下のとおり。

11日に発表される12月の米消費者物価指数(CPI)など重要なリスクイベントを控え、米国債トレーダーは、短期金利オプション市場で今後数日間に米国債利回りが急上昇する可能性に対するヘッジの動きを進めている。
 米国債市場でロングポジションが根強く残っているのも確かだが、積極的なオプション買いは、利回り上昇に期待した動きというよりは、こうしたポジショニングを反映している可能性がありそうだ。
 一方、米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、担保付翌日物調達金利(SOFR)に連動する先物市場では、ヘッジファンドが3週連続でネットロングを縮小。
この種の短期オプションは、イベントリスクに対するヘッジとして機能する。
TradersTargetHigherUSYieldsbyEndofWeekOpeninteresthasriseninWeek2JanuaryTreasuryoptionsexpireFridayJan.12.ChartshowschangesinopeninterestsinceJan.2.SOFR先物の買い越しポジションを3週連続で縮小した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債利回り急伸を警戒、短期の弱気ポジションをトレーダー積み上げ

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう