おすすめ記事

米国債市場、過度にインフレ見通し軽視か-読み外せば手痛い仕打ちに

記事を要約すると以下のとおり。

債券市場はインフレリスクを過度に軽視しているとの懸念が強まっている。
 債券全体に目を向けても、米政策金利のピークが5%に届かない水準でもリセッション(景気後退)を引き起こすのに十分で、今年下期に合計0.5ポイントの利下げが必要になるとの見方が示唆されている。
 インフレ期待を反映するブレークイーブン・レートは、10年物が先週2.13%に下げ、昨年の最低水準まであと1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)以内に迫った。
「インフレのピークは過去のものになったというのがわれわれの論理だ。」
現時点で債券に弱気になる理由は見当たらないと述べた。
 ただインフレに関して反対の見方は楽観的過ぎるとの認識を示した。
先週実施された10年物インフレ連動債(TIPS)入札では需要が堅調となった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債市場、過度にインフレ見通し軽視か-読み外せば手痛い仕打ちに

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう