おすすめ記事

米国債強気派が好調なスタート、今年の勝ちパターンがまず実現

記事を要約すると以下のとおり。

債券市場の強気派は今年の勝ちパターンと見込むトレーディングで幸先の良い滑り出しを飾り、手応えを感じつつある。
こうした流れは今年の展開として広く予想されている通りで、市場のボラティリティーに慌てさせられた投資家にとっては少なくとも一時的な勝利になる。
これは米当局にとって朗報だとクレディ・アグリコルの米国金利戦略責任者、アレックス・リー氏は述べ、「まだすべきことはあるだろうが、当局は恐らく引き締めサイクルの終わりに近づいていると続けた。」
    TDセキュリティーズの金利戦略グローバル責任者、プリヤ・ミスラ氏は、米当局の利下げ回帰を織り込もうとしている市場は誤りだと主張する。
フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標レンジは4.25-4.25-4.25-4.5%。
インフレが根強く景気が底堅いと経済統計で明らかになれば、市場で現在織り込まれている緩和見通しが巻き戻され、米国債利回りを一段と上昇させる可能性がある。
6日は2年から5年の利回りがそれぞれ21ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)かそれ以上に低下し、30年債利回りはその約2倍低下した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債強気派が好調なスタート、今年の勝ちパターンがまず実現

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう