おすすめ記事

米国債投資の最大の敵はFRB、価格下落が高クーポン打ち消す恐れ

記事を要約すると以下のとおり。

数カ月にわたる損失の後で米国債市場に戻りたがっているウォール街の運用者らの第一の敵は米連邦準備制度だ。
 引き締めのペースが緩やかになるとの期待から米国債は一時上昇したものの、短期金融市場でターミナルレートの予想が上昇する中、あらゆる年限で売りモードに戻った。
 米国債投資家にとって2023年は、2年連続のマイナスリターンだった21、22年よりはよい年になりそうだが、道は平たんではなさそうだ。
 KPMGのチーフエコノミスト、ダイアン・スウォンク氏はブルームバーグテレビジョンの番組で、「当局はインフレに対処できる高さのターミナルレートを目指している。」
     短期金融市場はフェデラルファンド(FF)実効金利が来年5月に5.2%弱でピークになるとの予想を織り込んでいる。
米国債のクーポンは一部の年限で4%前後となっている。
 だが、セブン・インベストメント・マネジメントのシニアマネーマネジャー、ピーター・スリープ氏は「来年は少しはましだろうが、当社はまだ米国債を買ってはいない」と話す。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債投資の最大の敵はFRB、価格下落が高クーポン打ち消す恐れ

Twitterでの意見

株や資産運用の紹介!
米国債<b>投資</b>の最大の敵はFRB、価格下落が高クーポン打ち消す恐れ(Bloomberg)21:53 投資 詳細:
バイクニュース(Bicycle)
米国債投資の最大の敵はFRB、価格下落が高クーポン打ち消す恐れ - ブルームバーグ
百円富士
米国債投資の最大の敵はFRB、価格下落が高クーポン打ち消す恐れ >パウエル議長は金融政策が十分に引き締まるには「なお幾分かの道のりが残されている」と述べている >これは、高いクーポンが来年の価格下落を十二分に補うという投資家の期待が裏切られる可能性を示唆する
姉さん六角
今後も金利高止まりで、債券時価が上がりにくいみたい。 生債券投資なら 償還までホールドすれば 利回り期待できると思う。 円高、既発債券安の展開を期待🙄 米国債投資の最大の敵はFRB、価格下落が高クーポン打ち消す恐れ via
ojisama555A 【225Dealer🇯🇵】
数カ月にわたる損失の後で再建バブルを忘れられない 米国債市場に戻りたがっているウォール街の運用者 米国債投資の最大の敵はFRB、 価格下落が高クーポン打ち消す恐れ
kabe
米国債投資の最大の敵はFRB、価格下落が高クーポン打ち消す恐れ より これまでよりさらにタカ派的なパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長によってますます鮮明 ↑ 前から呟いておりますが、中央銀行に逆らってはいけません
ワールドニュース of ビジネス/株式/FX/仮想通貨
[Bloomberg] 米国債投資の最大の敵はFRB、価格下落が高クーポン打ち消す恐れ 数カ月にわたる損失の後で米国債市場に戻りたがっているウォール街の運用者らの第一の敵は米連邦準備制度だ。戻ろうとするたびに、金融当局がそれを困難に...

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう