おすすめ記事

米国債相場、総額1250億ドルの入札が試練に-雇用統計など受け上昇後

記事を要約すると以下のとおり。

米労働市場の需給緩和を示す最初の明確な兆候が見られ、債券トレーダーは歓迎した。
パウエルFRB議長(5月1日)Photographer:AlDrago/Bloombergパウエル議長、年内金融緩和の賭けを慎重に積み上げており、米金融当局の政策に敏感な米2年債利回りの低下が市場を主導する形となっている。
 さらに、今週は四半期定例入札の一環として米10年債と30年債の計670億ドルの入札も行われる。
 リンドブルーム氏は期間が長めの米国債に比べ、2年債利回りは一時4.7%と、4月30日に付けた年初来高水準の5.04%を30bp近く下回った。
 底堅い成長や根強いインフレを示すデータを背景に、トレーダーは先週までの1カ月間に年内に見込む利下げ回数はほぼ2回となっている。
 利下げがあれば、2年債利回りは先週付けたピークを下回って推移すると想定される一方、イールドカーブ(利回り曲線)の長めの部分には懐疑的であるため、同社として2年債や3年債、5年債をオーバーウエートとする一方で、10年債はアンダーウエートとする「スティープニング・トレード戦略」が好ましいと語る。
 その上で、「長期債がいつ魅力的になるか、予想するのは難しいとコメントした。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国債相場、総額1250億ドルの入札が試練に-雇用統計など受け上昇後

Twitterでフォローしよう