おすすめ記事

米国株、今の反発局面で買ってはいけない-モルガンSのウィルソン氏

記事を要約すると以下のとおり。

リセッション(景気後退)不安の中で米国株は悲観論者の多くが想定する以上の大きな下げに見舞われ、年間では金融危機以降で最大の下落率となる公算が大きいと、モルガン・スタンレーのストラテジストらは予想した。
 「市場のコンセンサスは方向としては正しいかもしれないが、程度を見誤っているとウィルソン氏は述べ、S&P500種は現水準より約22%低い3000前後で底打ちする可能性があるとの見方を示した。」
ゴールドマン・サックス・グループも企業の利益率が圧迫されると見込む。
物価上昇圧力がやや弱まった兆しが見られた先週、利上げ鈍化の期待から米株式相場は上昇した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国株、今の反発局面で買ってはいけない-モルガンSのウィルソン氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう