おすすめ記事

米国株のアンダーウエート、2005年以来の大きさ-BofA調査

記事を要約すると以下のとおり。

バンク・オブ・アメリカ(BofA)のファンドマネジャー調査によると、投資家は米国株を2005年以来の大幅なアンダーウエートにしている。
英国は15%のアンダーウエート。
欧州株は米国株に対して過去最大のアウトパフォーマンスを記録し、新興市場株も年初来で米国のS&P500種株価指数を上回っている。
 2020年3月以降で初めて、金融政策は引き締まり過ぎていると回答された。
中国のゼロコロナ政策撤回を受けてリセッション(景気後退)懸念が弱まった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国株のアンダーウエート、2005年以来の大きさ-BofA調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう