おすすめ記事

米国株はピーク近い可能性、ミーム銘柄急騰が示唆-MLIV調査

記事を要約すると以下のとおり。

Thisweek’smeme-stockpopisasignthatUSequitymarketsarefrothyandpotentiallypeaking,accordingtothelatestBloombergsurvey.@krisaqnewshasmorehttps://t.co/DxemJgrlw7pic.twitter.com/cVYblXKHnM—Bloomberg(@business)May17,2024  この荒々しい値動きは、ほんの数年前のミーム株騒動の記憶を呼び起こしたが、MLIVパルス調査に回答した230人の多くが、これを株式市場全体にとって明るい兆しとみることには懐疑的だ。
 インタラクティブ・ブローカーズのチーフストラテジスト、スティーブ・ソスニック氏は電話取材に対し、「株式にすでにある程度高揚感がなければ、このようなミーム銘柄の急騰を今後の市場に対する真の脅威にはならないと答えた。」
 今回のミーム銘柄急騰は、21年のブームに比べれば基本的に一瞬の出来事だ。
 調査回答者の一部は、投資家が感じる退屈を当時との類似点の一つとして挙げた。
 ホムリック・バーグのステファニー・ラング最高投資責任者(CIO)は「連邦準備制度が利下げを待ち過ぎれば、景気低迷を招き、株価を圧迫し得る。」
 ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)の上場投資信託(ETF)アナリスト、アタナシオス・プサロファギス氏によると、デリバティブ(金融派生商品)を利用して日々の指数リターンを増幅させるレバレッジドロングETFは、21年とのもう一つの大きな違いは、個人投資家ではなく、洗練されたトレーダーが今回の動きをけん引したことだ。
 ゲームストップは差し引きベースで買われている一方で、オプション市場では売り越しとなっており、これは投資家が単なる投機にとどまらず、カバードコールなどのリスクコントロール戦略を採用していることを示唆していると同氏は語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国株はピーク近い可能性、ミーム銘柄急騰が示唆-MLIV調査

Twitterでフォローしよう