おすすめ記事

米国発の事業承継スタートアップ、日本市場へ進出-後継者不足に商機

記事を要約すると以下のとおり。

中小企業の後継者問題に焦点を当てた米国発のスタートアップが日本に進出し、足元で投資案件第一号を探している。
同社は、米ニューヨーク州ブルックリンで2019年に設立された。
 中小企業庁が17年にまとめた試算では、事業者の経営者は約245万人に達し、全体の3分の1に当たる企業が後継者が見つからない問題に直面するという。
AI駆使しビリオネア、M&A総研32歳社長-企業後継者問題挑む  チームシェアーズは、これまで米国で約90社の買収を手掛け、後継者のいない企業に対して資金繰りや経営についての助言を行ってきた。
さらなる資金調達も視野にあり、すでに積極的に中小企業経営者との対話を行っているという。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米国発の事業承継スタートアップ、日本市場へ進出-後継者不足に商機

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう