おすすめ記事

米在宅勤務者の割合、コロナ禍後の最低に-オフィス復帰努力が奏功か

記事を要約すると以下のとおり。

米国で従業員をオフィスに呼び戻そうとする雇用主の取り組みが功を奏しているようだ。
 こうした状況は、多くの雇用主による従業員のオフィス復帰に向けた継続的な働き掛けを反映している。
RemoteWorkHitsPost-PandemicLowAveragework-from-homeratefallsunder26%fromearly-2021highof37% Source:USCensusBureauPulseSurveyNote:Mapscomparemost-recentsurveyconductedbetweenSept.20andOct.2toMarch2021survey.Respondentswereaskedifanyoneintheirhouseholdhadworkedfromhomeinthepastsevendays.  州レベルでは、50州全てで在宅勤務の実施率がパンデミック期のピークから低下している。
一方、カリフォルニア州やコネティカット州のように、リモート勤務を歓迎したホワイトカラーが多い州でも低下している。
 リンクトインのデータでは、憧れのリモート勤務先で、在宅勤務者の比率が33%を超える。
同様にシアトル、ボストン、サンフランシスコも40%近くかそれ以上だ。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米在宅勤務者の割合、コロナ禍後の最低に-オフィス復帰努力が奏功か

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう