おすすめ記事

米地区連銀の調査が示唆する2024年労働市場のクールダウン

記事を要約すると以下のとおり。

米地区連銀の幾つかの調査によれば、2024年の採用は減る見通しだ。
 一方、エコノミストは来年1-3月(第4四半期)推計の半分程度に減速すると見込んでいる。
    ペンシルベニア州の製造業者の約30%が従業員数を「理想的」とみていることを示唆し、年初時点から約7ポイント増えた。
従業員数は過剰だが解雇はしないとの回答は約15%で、1月時点のほぼ2倍の数値となった。
 企業は熟練労働者の不足が引き続き問題だとしているが、労働力需給が均衡に向かっていることが調査で示された。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米地区連銀の調査が示唆する2024年労働市場のクールダウン

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう