おすすめ記事

米地区連銀の調査が示唆する2024年労働市場のクールダウン

記事を要約すると以下のとおり。

米地区連銀の幾つかの調査によれば、2024年の採用は減る見通しだ。
    ペンシルベニア州の製造業者とサービス業者のうち雇用増を予想する割合は過去3年間で2番目に小さいものとなり、製造業者の場合、17年3月以来最も小さい数字となった。
従業員数は過剰だが解雇はしないとの回答は約15%で、1月時点のほぼ2倍の数値となった。
 企業は熟練労働者の不足が引き続き問題だとしているが、労働力需給が均衡に向かっていることが調査で示された。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米地区連銀の調査が示唆する2024年労働市場のクールダウン

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう