おすすめ記事

米大手行の債権売却、「絶大な商機」に-カーライルのジェンキンス氏

記事を要約すると以下のとおり。

米国で改革が進められている銀行の自己資本規制案に対応するために大手行が保有債権を売却することで、プライベートクレジット市場にとっては規格外の利益をもたらす商機になり得る。
 ジェンキンス氏によると、カーライルは銀行が市場で売り出すローンを購入し、投資家に魅力的なリターンを提供できる商品として証券化している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米大手行の債権売却、「絶大な商機」に-カーライルのジェンキンス氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう