おすすめ記事

米失業率2年ぶり高水準、労働市場に減速感-雇用者数は伸び堅調

記事を要約すると以下のとおり。

2月の米雇用統計では、雇用者数の伸びは健全さを維持したものの、失業率が2年ぶりの高水準に上昇した。
雇用と賃金の伸びがやや落ち着いたことで、インフレ再燃リスクがそれほど高まらずに米経済が拡大し続ける可能性が示唆された。
家計調査は失業者数の大幅増加を反映した。
  2月の雇用の伸びは医療や娯楽・ホスピタリティー、政府部門などで特に目立った。
労働市場の減速が非常に緩やかであることが利下げを急がない理由の一つだと、当局者らはこれまでに示唆している。
1月の大幅な伸びについて一部エコノミストは、悪天候で平均労働時間が短くなったことを挙げている。
今月の会合では、インフレ減速の一段の進展を待つため政策金利は据え置かれるとエコノミストらは予想している。
 労働参加率は83.5%で、5カ月ぶりの高水準となった。
  統計の詳細は表をご覧ください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米失業率2年ぶり高水準、労働市場に減速感-雇用者数は伸び堅調

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう