おすすめ記事

米市況の今年の悪化の理由、流動性低下だけでない-シニアトレーダー

記事を要約すると以下のとおり。

米物価高騰や金利上昇で手痛い目に遭った投資家の事例から明らかなように、ウォール街の今年のトレーディング環境は悪化の一途をたどった。
 米国債や小型株、コモディティーなどあらゆる市場が大幅な相場変動に見舞われた。
   マン・グループやBNPパリバ・アセット・マネジメント、DWSグループなどのトップトレーダーの観点からは、米国をはじめとする各国・地域の金融当局が金融システム内の行き過ぎを引き揚げ、ボラティリティーやポジション整理の動きを高める状況にあって、厳しい投資環境は当然のことだ。
だが、ブルームバーグが調査したシニアトレーダーの話では、過去1年間のあらゆる問題を市場環境のせいにするのはあまりにも単純で、世界の市場はその中核部分が壊れた状態からは程遠い。
SpreadsHaveWidenedWhileStayingBelowCrisisLevelsSource:BloombergIntelligence  プロの機関投資家はその代わり、もっと難解な流動性面の課題に日々、直面している。
 このほか、個人投資家による取引が従来の証券取引所ではなく主にシタデル・セキュリティーズなどの会社の利益となっている点も指摘される。
険しくなった米国債取引環境  米国債のビッド・アスク・スプレッドは今年の弱気相場で拡大したのはよく知られている。
適正水準モデルからの米国債利回りの乖離(かいり)を示す指標は2010年以来の高水準近辺に跳ね上がった。
米金融政策の短期的な見通しに関する不確実性を反映したものだと説明した。
少なくとも問題是正の糸口も  銀行がリスクを取らない状況にあって、債券投資家の相互取引が増加傾向にあり、将来的には広範な市場参加者が情報に平等なアクセスを持って取引することができるオール・ツー・オール・トレードのプラットフォームに移行する可能性もある。
 もう一つのホットなトレンドはポートフォリオトレーディングだ。
ブルームバーグがインタビューした株式トレーダーらが驚くほど楽観的なのはこれも一因だ。
こうした引け間際の行動によって、株式市場がボラティリティーの急激な高まりに一層脆弱(ぜいじゃく)となっているとの懸念が生じている。
機関投資家の不安  「ミーム銘柄の代表格ゲームストップ株が人気を集める局面にあって、ロビンフッド・マーケッツなど個人投資家向け証券会社の取引は、シタデル・セキュリティーズといったマーケットメーカーの小集団が対価を支払った上で実際の執行に当たるのが典型的となった。」
StockVolumesAreIncreasinglyExecutedAwayFromExchangesSource:Bloomberg  個人投資家の投機熱は幾分冷めた一方で、今月には「ペイメント・フォー・オーダーフロー(PFOF)」と呼ばれる慣行の禁止には至らないものの、証券取引所での取引増加を目指した改革案を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米市況の今年の悪化の理由、流動性低下だけでない-シニアトレーダー

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう