おすすめ記事

米景気後退は回避可能と予想-利回り曲線と経済の関係示した経済学者

記事を要約すると以下のとおり。

米シカゴ大学で博士号を取得した経済学者のキャンベル・ハーベイ氏が、債券利回りの形状が米経済活動の道筋とリンクしていることを示す論文を数十年前に発表して以降、その分析の正しいことは事実によって裏付けられてきた。
 ハーベイ氏は3日のインタビューで、「私のイールドカーブ指標は厳戒警報を発していると信じる複数の理由があると語った。」
ハーベイ氏は今回は恐らくリセッションの前触れではないだろうと話す。
 こうした認識が広がることで、企業や消費者は貯蓄を積み増して大型投資プロジェクトは見送るといったリスク軽減の行動を取るようになり、経済にも良い前兆となっている。
さらに、これまでの雇用削減の最大部分がテクノロジー分野であることを踏まえると、最近解雇されたこうした高技能労働者の場合、失業期間が長期化しない傾向があることも同氏は「これらを総合すると、辛うじて問題を回避できることを示唆する」とし、「ハードランディングを逃れ、緩慢な成長もしくは軽度のマイナス成長を実現することを意味する。
リセッションになったとしても、軽度のものだろうとコメントした。
    ハーベイ氏の見解はコンセンサスではない。
関連記事グリーンスパン元FRB議長、米景気後退は「最も可能性の高い結果」米リセッション「可能性かなり高い」、ただ深刻にならず-ダドリー氏FOMC議事要旨:インフレ押し下げの決意確認、市場の認識懸念(2)  一方でハーベイ氏にとって、米経済がリセッションを回避することができたとしても、自身のモデルが誤りであることを意味しないという。
 なお同氏は不確実要素として、利上げ開始で後れを取った米金融当局が過度の引き締めに動く可能性に言及した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米景気後退は回避可能と予想-利回り曲線と経済の関係示した経済学者

Twitterでの意見

ナギママ
コモディティ相場解説 ≪好材料≫ ・中国の経済活動再開による需要見通し ・米経済が景気後退を回避できる可能性 ・GDPが予想比上振れ底堅さを確認 ≪悪材料≫ ・OPECプラスによるポジション調整 ・軟調な天然ガス相場 ・石油在庫の積み増…
かっちゃん🐳エンジェル投資家
コモディティ相場解説 ≪好材料≫ ・中国の経済活動再開による需要見通し ・米経済が景気後退を回避できる可能性 ・GDPが予想比上振れ底堅さを確認 ≪悪材料≫ ・OPECプラスによるポジション調整 ・軟調な天然ガス相場 ・石油在庫の積み増し警戒感 noteにて公開中
六花
今週の株式相場は上値の重い展開か。米国では大型ハイテク企業の2022年10~12月期決算発表が本格化する。景気後退への警戒が強まるなか、市場予想を下回る決算が相次げば、投資家のリスク回避姿勢が一段と高まる可能性 〈株式〉米ハイテク決算警戒:日本経済新聞
世田谷権五郎景正
〈株式〉米ハイテク決算警戒:日本経済新聞 上値の重い展開か。米国では大型ハイテク企業の2022年10~12月期決算発表が本格化する。景気後退への警戒が強まるなか、市場予想を下回る決算が相次げば、投資家のリスク回避姿勢が一段と高まる可能性がある。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう