おすすめ記事

米株の強さ終了へ、分散投資を-ゴールドマンのオッペンハイマー氏

記事を要約すると以下のとおり。

米国株が過去10年見せてきた極めて良好なパフォーマンスが今後10年も繰り返される可能性は低いと、ゴールドマン・サックス・グループのチーフグローバル株式ストラテジスト、ピーター・オッペンハイマー氏が指摘した。
 2023年も残り2カ月となり、S&P500種株価指数のリターンはこれまでのところ世界の株式を約9ポイント上回っている。
「現金や債券など他の資産クラスとの競争が激化し、これ以上の株式保有は抑制される可能性がある」との見方を示した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米株の強さ終了へ、分散投資を-ゴールドマンのオッペンハイマー氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう