おすすめ記事

米株左右する決定的瞬間到来-CPIとFRB金利予測がリスク要因か

記事を要約すると以下のとおり。

投資家は極めて重要な週を迎える。
借り入れコスト低下で恩恵を受けやすい小型株など、これまで売りたたかれていた市場の一角にトレーダーの買いが集中した。
24年に向け、株価は上昇を続けるもようだと述べた。
今週のある時点では、この期間のギャップは3月以降で最も大きくなっており、乱高下に対するヘッジ需要の高まりを示している。
ブルームバーグがまとめた予想によれば、CPIは前年同月比3.1%上昇と、6月以来の低い伸びとなる見込み。
 堅調な経済がインフレを高止まりさせ、当局が追加利上げを検討したり、政策金利を高い水準に予想より長い期間維持したりするリスクもある。
特に、人々の予想よりもタカ派的なトーンの発言があれば、そうなるだろうとザカレリ氏は指摘した。
10月19日以来、10年債利回りは5%近くの水準から4.2%前後まで低下。
 ブルームバーグ・インテリジェンスのクリストファー・ケイン・ストラテジストがまとめたデータによると、1980年以降、10年債利回りが1カ月以内に50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)以上低下した例は33回ある。
 個人投資家は6日までの1週間で68億ドル相当の米国株を買った。
「アクティブマネジャーにとっては非常に厳しい年だった。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米株左右する決定的瞬間到来-CPIとFRB金利予測がリスク要因か

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう