おすすめ記事

米株式市場がリセッションを警告、雑音に過ぎないとみる投資家も

記事を要約すると以下のとおり。

米株式市場で小型株と工業株が下落しており、典型的なリセッション(景気後退)のシグナルを発しているが、今年の株式相場は既に予想を上回っているため、今のところこうした動きは雑音に過ぎないとみる投資家もいる。
小型株や工業株の急落は通常、景気後退時に発生する。
先週はシリコンバレー銀行が破綻した3月10日以来の大幅安となった。
 とはいえ、株式市場には希望もある。
 ボケ・キャピタル・パートナーズの創業者キム・フォレスト最高投資責任者(CIO)は「決算シーズンを数週間後に控え、利益や売上高の目標を下方修正する企業はそれほど多くない」と述べ、「いつリセッション入りするかわからないが、いずれはやってくるだろう。
ブルームバーグのエコノミスト調査では、経済成長は来年半ばまで鈍化し、その後再び回復すると予測されている。
ネッド・デービスはS&P500種の年末目標を4500としており、米経済が2024年前半に減速する可能性を予想している。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米株式市場がリセッションを警告、雑音に過ぎないとみる投資家も

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう