おすすめ記事

米株式市場にいつ戻るか投資家は苦慮、利上げ終了でも景気後退懸念

記事を要約すると以下のとおり。

2023年の米株式相場の好発進が停止したのは、いつ安心して買いを再開できるかという大きな問題がウォール街の大部分を悩ませていることを浮き彫りにしている。
だが、米経済が実際に景気下降に入るかどうかはまだ不明だと指摘。
ネッド・デービスは米国が23年前半に景気が減速する確率を75%と予測する。
ナスダック100指数は同日、昨年11月30日以来最大の上げを記録した。
 一方で、金融や不動産、テクノロジー株など金利敏感株は同期間に出遅れがちだという。
 今後1週間にはマイクロソフトやテスラ、IBMなどが決算を発表し、株式相場の方向性をより幅広く形成するものとして投資家は注目しそうだ。
売り込まれたテクノロジー株を完全に償却するのは時期尚早だとも述べ、「今週のテクノロジー企業の決算発表は非常に大きなきっかけになる可能性があると指摘した。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米株式市場にいつ戻るか投資家は苦慮、利上げ終了でも景気後退懸念

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう