おすすめ記事

米株式投資のプロはソフトランディングに賭けるか-ゴールドマン分析

記事を要約すると以下のとおり。

ミューチュアルファンドやヘッジファンドなどプロの株式投資家のポジションをゴールドマン・サックス・グループが分析したところ、米経済のリセッション(景気後退)入り回避に賭けたポジションを積み上げていることが分かった。
 雇用やサービス業活動の堅調持続を受け、米金融当局が積極的な金融引き締め姿勢を維持せざるを得なくなり、政策ミスのリスクが高まるとの観測が浮上したためだ。
米金融当局が過去数十年で最も積極的なインフレ退治のキャンペーンに着手する状況にあって、運用担当者は実際、現金の保有を増やしたり、株式に対する弱気の賭けを積み上げたりしてきた。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米株式投資のプロはソフトランディングに賭けるか-ゴールドマン分析

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう