おすすめ記事

米株強気派、悪い経済データを喜べず-リセッション懸念が心配の種に

記事を要約すると以下のとおり。

金融市場で秩序が回復されつつあることは、株式の強気派にとって怖い展開だ。
小型株の指数は2.5%強値下がりし、CBOEのボラティリティー指数(VIX)は22を上回った。
「市場は景気悪化に向かいつつある事実を無視しないだろう。」
米金融当局による利上げが景気とインフレの抑制で意図した通りに働いていると示唆したためだが、ここにきてそうした受け止めには変化が迫っているようだ。
11月の小売売上高は11カ月ぶりの大幅減少-市場予想も下回る米製造業の生産指数、6月以来のマイナス-業況悪化を浮き彫り  UBSグローバル・ウェルス・マネジメントのシニア米国株ストラテジスト、ナディア・ロベル氏は、「きょうの相場下落は、われわれとしては意外ではないとし、「われわれはまだこの相場が底入れしたとは考えていない。」
来年前半に目にする公算が大きいだろうと予想した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米株強気派、悪い経済データを喜べず-リセッション懸念が心配の種に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう