おすすめ記事

米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆

記事を要約すると以下のとおり。

ウォール街のストラテジストの間では、今年の株高が大型ハイテク銘柄に集中していることを懸念する声が増えている。
そのため、このうちの1社もしくは2社がつまずいただけで、S&P500種および同指数に連動する約15兆ドルの資産に大きな影響が及ぶ。
今年の株価上昇は不吉な前兆ではなく、むしろ2022年の株安からの反転と見ることも可能だろう。
 BIによれば、1999年のハイテク・バブル後など、時価総額上位5銘柄とそれ以外の銘柄の6カ月はその差の拡大が続いた。
「テクノロジーに新たな世代交代が起これば、参加しなければならない。」
ハイテク銘柄中心のナスダック100指数は昨年に33%下落した後、AIブームの追い風に乗って今年はこれまでに37%上昇している。
同氏は顧客に対し、安定したキャッシュ・フローを生み出す割安な高配当銘柄を買うようアドバイスしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆

Twitterでの意見

YoshitakaHarata/原田義貴
米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆
社畜は嫌なポップくん🐶
米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆 - Bloomberg アップルなど7社がS&P500時価総額に占める比率は28%に拡大。7社の時価総額を合わせると約10兆ドル(約1400兆円…
靍尾38665(ネット開始1999年)
米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆 より 記事より とはいえ~「われわれはAIに興奮しているが、関連銘柄の爆発的な上昇を踏まえるとすでに割高に~」 安定したキャッシュ・フローを生み出す割安な高配当銘柄を買うようアドバイス
まつのすけ
「一極集中型の株高は20世紀から21世紀への変わり目に起きたハイテク・バブルの時期を含め、より長期にわたって継続」 米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆
シカゴファンドの投資戦略
😎 🟥米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆 「恐れるようなことではない」BIアナリスト ⭕️業績の持ち直しが期待される ➡️アップル、マイクロソフト、アルファベット、アマゾン・ドット・コム、エヌビディア、テスラ、メタなどの見通しは明るい
百円富士
米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆 >こうした一極集中型の株高は....より長期にわたって継続していたことを示している。 >今年の株価上昇は不吉な前兆ではなく、むしろ2022年の株安からの反転と見ることも可能だろう。....
宮脇 健🇭🇰🇯🇵海外資産の相談役 | Miyawaki Takeru
7社がS&P500種株価指数の時価総額全体に占める比率は現在28% / 米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆 NewsPicks
満州中央銀行エコノミスト
主張の根拠がよく分からないがリスクは無いとのことです。 米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆
うつねこ
➜アップルなど7社がS&P500種時価総額に占める比率は28%に拡大 ➜1社もしくは2社がつまずいただけでS&P500種および同指数に連動する約15兆ドルの資産に大きな影響が ➜「恐れるようなことではない」 米株高、大型ハイテク銘柄に一極集中でもリスクなし-歴史が示唆

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう