おすすめ記事

米消費者の景況感、3カ月ぶりに冷え込む-ミシガン大の2月調査

記事を要約すると以下のとおり。

米消費者のセンチメントは3カ月ぶりに低下。
 ミシガン大の消費者調査ディレクター、ジョアン・シュー氏は「消費者は年初からの経済状況にほとんど変化を感じておらず、インフレは今後も良好な軌道を進み続けると安心しているように見受けられる」と発表文で説明した。
一方の民主党では22年6月以来の大幅な悪化となったものの、依然共和党より高い水準を維持している。
家計に対する見方も悪化した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米消費者の景況感、3カ月ぶりに冷え込む-ミシガン大の2月調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう