おすすめ記事

米消費者の長期インフレ期待、12年ぶり高水準に加速-ミシガン大

記事を要約すると以下のとおり。

米ミシガン大学が12日に発表した5月の消費者調査速報値によれば、長期のインフレ期待は予想外に加速し、12年ぶりの高水準に達した。
 消費者マインドは2011年の債務上限危機の局面でも大きく落ち込んだが、解決後には急速に戻している。
 ミシガン大のシュー氏は、インフレ心理の影響増大や賃金物価スパイラルのリスク上昇を見越した駆け込み消費の兆候もほとんどみられないと指摘。
回答者の約42%は生活水準低下の理由に物価高を挙げた。
統計の詳細は表をご覧ください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米消費者の長期インフレ期待、12年ぶり高水準に加速-ミシガン大

Twitterでの意見

マー君
本日金相場は、ドルと米長期金利が弱含む中、トロイオンスあたり1938ドルまで上昇後に1930ドルまで戻して推移しています。 明日は市場注目の米消費者物価指数が発表され、事前予想ではインフレが前年同月比4%から3.1%へと鈍化すると見られ…
Gold.BullionVault.jp
本日金相場は、ドルと米長期金利が弱含む中、トロイオンスあたり1938ドルまで上昇後に1930ドルまで戻して推移しています。 明日は市場注目の米消費者物価指数が発表され、事前予想ではインフレが前年同月比4%から3.1%へと鈍化すると見られていることからも、それを見越した動きと思われます。
東西FX (tozaifx_com)
FXニュース:米長期金利低下で円高ドル安|◉ 米消費者物価指数控えた調整 ◉ イベントリスクの米国債買い ◉ 米インフレに鈍化の市場予想| fxニュース fx 為替 最新 速報 今日 円 ドル ユーロ ポンド オーストラリアドル スイスフラン ウクライナ
NEWS DATA
米消費者物価指数の発表を12日に控え、インフレが鈍化するとの思惑などから10日の米長期金利が低下。これまで日米の金利差拡大を見込んでいた投資家の間で、持ち高を調整する円買いドル売りの動きが出た。
アラン@子育て×金融教育
✅今週の焦点 それは、12日に発表される米国の消費者物価指数💡 インフレの度合いが高ければ、7月FRBは利上げに踏み切る可能性は高いです📈 金融引き締めの長期化による米景気の落ち込みが意識され始めるでしょう🙋‍♂️
うつねこ
➜消費者物価の上昇率が高止まりして影響で実質的な可処分所得が減っていることに加え失業率が歴史的な低水準なため労働者側が強気の待遇改善を訴えやすくなっている ➜賃上げが相次げば米国のインフレが長期化する恐れ 米物流UPS、大規模スト懸念 賃上げ巡る労使対立広がる
おじゃる丸
①人口減少、食の多様化に伴い、総需要、単価共に長期ダウントレンド ②足元では、数量、単価共に少しリバウンドしている感じ ⇒小麦関連のインフレ(めん、パン)に押されて消費者が米に流れている?? ③国内日本酒もダウントレンドのようだが、日本酒輸出の伸びは凄まじい
羽右衛門
ドル建銀価格と米消費者物価指数の関係を長期でグラフにしてみたが…相関はあるような無いような…よーわからん。縮尺を変えれば何とでも言える感じ。このようなグラフにすれば今の銀価格はインフレを反映していないとなるが…
材料株投資家13689
16日のダウ平均は前日比108ドル安、終値34299ドル 米FRBの金融引き締め長期化への懸念で下落。 一方で、ミシガン大調査で1年後の予想インフレ率が3.3%と、低いインフレ予想が金融引き締めを緩和する可能性を示唆。 消費者態度指数は63.9と予想を上回り、消費の底堅さが相場を支えた。
SAYAKA11102-PASUTA
ミシガン大学消費者態度指数の1年先のインフレ見通しが低下したことにより、米長期金利が低下しそれに伴う形でドル円も一時下落したが、米長期金利が反発して上昇しドル円も再び高値を試している状況。 為替 経済指標 ドル円 ミシガン大学…
Masaki_Yamashita
🇺🇸米株は反落⬇️3連休控え調整売り、ミシガン大学消費者信頼感指数が予想を上回る上昇、1年先インフレ率は低下、大量のオプションSQは波乱なくクリアした模様。長期金利は小じっかり⬆️ドル円は大きく変動、🇯🇵日銀据置き⬆️ミシガン大⬇️引け⬆️141.80円台
茶鳥™
おはようございます。米株は反落。消費者信頼感は強く、インフレ長期化目線となったようで、株式に一旦売りの動きが出ました。米債は売り。金は変わらず、原油は買い。ドル高円安進行。先物は行って来い。33700で引けました。あまり引け味は良くないですね。それでは皆様素敵な土曜日を。
ぽろ
FOMC後初のFRB要人発言は2人ともタカ派で、米長期金利が上昇。市場の楽観に冷水を浴びせた。 ミシガン大学の6月消費者信頼感指数は予想外に上昇、1年先インフレ率は21年3月以来の低水準となった。 原油は中国の経済対策での需要回復を見込んで上昇した。
ℝock’n roll摩天楼𝕤𝕂𝕪ハイこーたろー
・ダウ反落ナスSP7日ぶり反落 ・リ連銀総裁「物価上昇率2%に戻らねば一段の金融引き締めに賛同」⇒金融引き締め長期化懸念⬆️⇒米景気冷え込む警戒感⬇️ ・ミ大1年先予想インフレ率3.3%=2021年3月以来の低さ⇒1回の利上げにとどまる見方⬆️ ・ミ大消費者態度指数⬆️5月米小売売上高⬆️⇒消費底堅い
とーりー
【🗽NY市場概況🏙️】 🇺🇸🇯🇵ドル円は米ミシガン大学発表の消費者長期期待インフレ率(5-10年)が2011年以来の高水準となったことを受けてドル高優勢の展開となり、135円後半までの上昇となりました✍️

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう