おすすめ記事

米短期金融市場、金利のボラティリティー高まる-今年最後の週

記事を要約すると以下のとおり。

年末の資金調達市場でボラティリティー(変動性)が高まっている。
GettingVolatileOvernightgeneralcollateralrepotradedashighas5.60%onDec.28Source:CurvatureSecurities  例年、資金調達市場は年末に逼迫(ひっぱく)感が強まる。
関連記事年末の米短期金融市場、2018年以来の不安定さ-FRBの退場でレポ金利の上昇を受けて既に上昇基調にあった。
 資金調達コストが上昇するとSOFRも上昇する傾向がある。
  RRPファシリティーは、カウンターパーティー(主にマネーマーケット・ミューチュアル・ファンド)が余剰資金を市場金利(現在5.3%)で運用できる場所だ。
  スポンサード・レポ  年末のバランスシート制約と、現物市場での米国債ロングポジションで資金調達の必要性が高まることから、証券取引清算機関(FICC)がレポ取引の清算を行うスポンサード・レポの取引総額は27日時点では9839億ドルだった。
スポンサード・レポ取引で貸し手は、自らのバランスシートに関する規制上の制約を受けることなく、マネー・マーケット・ファンド(MMF)やヘッジファンドなどのカウンターパーティーと取引できるようになる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米短期金融市場、金利のボラティリティー高まる-今年最後の週

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう