おすすめ記事

米経済に「景気後退」はそぐわない-ブラックロックのリーダー氏、

記事を要約すると以下のとおり。

ウォール街では1年以上前から米リセッション(景気後退)を警告する声が多い。
 同氏の質疑応答は以下の通り。
インフレ率は下がり続けるだろう。
実際、インフレをここから下げようとするのは良いことよりも悪いことの方が多いと思う。
辛抱強く、時間と景気抑制的な金利に任せればよい。
しかし、サービスセクターでは年内に目標に達しないだろう。
今のように良いデータが出ていても、当局が7月に利上げをすると考えなければならない。
率直に言って、今の金利は景気抑制的だ。
金利上昇は銀行システムや商業用不動産に影響を与えている。
先日、6.5%のコマーシャルペーパーを買った。
株式市場では、企業が10-12%の自己資本利益率を上げることができれば、ポートフォリオに素晴らしいリターンを生み出すことができると考えている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米経済に「景気後退」はそぐわない-ブラックロックのリーダー氏、

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう