おすすめ記事

米総合PMIが上昇、22年4月以来の高水準-インフレ再加速

記事を要約すると以下のとおり。

米国の企業活動は5月上旬、過去2年で最も速いペースで加速した。
キーポイント総合PMI速報値は3ポイント余り上昇の54.42022年4月以来の高水準ブルームバーグ調査のエコノミスト予想全てを上回る前月は50.9前月は50が活動の拡大と縮小の境目を示す    今回の統計は4-6月期(第2四半期)半ばに企業活動が全体的に著しく加速したことを示している。
こうした需要の底堅さがインフレの鈍化を妨げており、米金融当局がより長期に高水準での政策金利維持が望ましいと考える理由を説明する一助になっている。
 S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスのチーフ・ビジネス・エコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「興味深いのは、インフレの主な原動力が今やサービス業より製造業からもたらされていることだ」と指摘。
サービス業の仕入れ価格と販売価格指数も上昇した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米総合PMIが上昇、22年4月以来の高水準-インフレ再加速

Twitterでフォローしよう