おすすめ記事

米財政赤字が23年度に倍増、景気拡大でも-10年債利回り5%の一因に

記事を要約すると以下のとおり。

米経済がほぼ全ての予想を上回るパフォーマンスを示した1年間に、連邦財政赤字はほぼ倍増した。
連邦最高裁判所は同返済免除は「逸脱」-バイデン氏は代替策UnderlyingUSBudgetGapDoubledinLatestYearChangeinadjustedfederaldeficitfromFY2022toFY2023Source:DepartmentoftheTreasuryNote:NumbersareadjustedtoremovetheaccountingimpactofPresidentBiden'sstudentloanforgivenessprogram.  エコノミストや政治家、格付け会社は財政見通しに警鐘を鳴らしており、赤字急増はこれを如実に物語っている。
歳出に対する歳入の不足分を補うため、政府はこれまで以上の国債発行を必要としている。
一方、ホワイトハウスはイスラエルとウクライナへの軍事支援、および米・メキシコ国境警備強化の資金として1060億ドルの緊急予算を求めており、支出ニーズは増加し続けている。
 JPモルガン・チェースによれば、対国内総生産(GDP)比の赤字は拡大幅が1950年以降でのワースト3に入った。
 以下は財政赤字拡大の主な要因:会計上の調整  学生ローン返済免除プログラムの影響を除いたことから、22年の財政赤字は3790億ドル急減し、増減幅としては2年ぶりの大きさとなった。
2022年に株式相場が大幅安となり、債券相場も下落したことから、キャピタルゲインや投資収入から得る収入が急減したことなどが背景にある。
他の主要3本柱であるインフラ投資法とCHIPS法、インフレ抑制法は財政にまだ大きな影響を及ぼしていない。
インフレとFRB  米連邦準備制度理事会(FRB)はかつて大規模な債券ポートフォリオで得た利子のおかげで、財務省に巨額の現金を渡していた。
これはFRBポートフォリオの平均的な債券で得られる利子よりもはるかに大きい。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米財政赤字が23年度に倍増、景気拡大でも-10年債利回り5%の一因に

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう