おすすめ記事

米連邦政府機関閉鎖のリスク高まる-フィッチの米国格下げ受け

記事を要約すると以下のとおり。

ワシントンでは米財政問題を巡る新たな与野党対立が醸成されつつある。
 ブルームバーグ・エコノミクス(BE)の米国担当チーフエコノミスト、アナ・ウォン氏は政府機関閉鎖となった場合に関し、直接の経済的打撃は限定的である公算が大きいとしつつも、「とりわけ不都合なタイミングとなる可能性を指摘する。」
 また、約4500万人もの米国民が10月から学生ローン返済再開に直面することになる。
それこそ、市場が神経質になると考えられる理由だと話した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米連邦政府機関閉鎖のリスク高まる-フィッチの米国格下げ受け

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう