おすすめ記事

米金利、ピークに加えニュートラルの水準も上振れか-米国債に逆風

記事を要約すると以下のとおり。

米政策金利のピークについて21日、急激な見直しが再び債券市場を襲った。
ピーク金利が従来の想定より高くなることは今やほぼ確実と思われる。
中立金利に関するこの見方が変更されれば、期間長めの米国債利回りが上昇し2023年の最高を再び更新する恐れがある。
これは当局が実際に積極的に緩和するのを妨げる大きな障害になると話した。
政策金利が5%を超えるのは2007年以来だ。
金融危機を経て投資家と政策当局が長期的な成長見通しに悲観的になる中で、フェデラルファンド(FF)金利が来年末までに3%前後に戻り、25年末までに約4%に戻るとの見通しを示していた。
想定中立金利の上昇は短期を中心に米国債利回りを上昇させる。
「成長と労働市場が引き続き強ければ」米連邦準備制度当局者らが想定を引き上げると考えられ、「長期的な金利に大きな影響を与えるだろうとの見解を示した。
名目中立金利は2.5%から3.3%に上昇したことになる。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米金利、ピークに加えニュートラルの水準も上振れか-米国債に逆風

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう