おすすめ記事

米金融当局のタカ派をエコノミストは重要視、金利の手掛かりに-調査

記事を要約すると以下のとおり。

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長と側近2人は、金融政策に関する最も率直な意思伝達を求めるウォール街関係者に注目されているが、タカ派の筆頭たちもほぼ同様に重要視されている。
 調査は12月13、14両日に開かれる連邦公開市場委員会(FOMC)を前に2ー7日にエコノミスト44人を対象に実施した。
FedChairPowellViewedasMostImportantSignalforRatesAmonggovernors,BrainardandWalleralsoseenasveryimportantSource:BloombergsurveyofeconomistsDec.2-7Note:Economistswereaskedtorankthepolicymakersfromamongtheleastimportanttoamongtheleastimportanttoamongtheleastimportanttoamongthemostimportant,with1beingleastand5most.  これらの米金融当局者は意思伝達における影響力が最も重要ないし極めて重要と回答。
79%はウィリアムズ総裁を最も重要ないし極めて重要と答えた。
 ニューヨーク連銀を除く11の地区連銀のメスター総裁も影響力が大きい受け止められており、同総裁の発言は最もないし極めて重要と回答。
ブラード氏がFRB理事を務めており、「FRBに強い協力者がいる。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米金融当局のタカ派をエコノミストは重要視、金利の手掛かりに-調査

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう