おすすめ記事

米金融当局は年内にQE再開へ、国債市場の安定目的で-ポジャール氏

記事を要約すると以下のとおり。

米国債市場は規模が拡大した一方で、通常の買い手が市場から撤退し、機能不全に陥っている。
銀行も資金が細る中で、米国債の購入ではなく調達市場に向かう公算が大きい。
 「詰んだも同然だとポジャール氏は述べ、「米当局の方向転換はなく、ターミナルレートはさらにもっと上昇する必要があるかもしれない。」
 ただ、「それがリスク資産下支えの文脈で行われた量的緩和(QE)とは異なり、次のQEは米国債市場の機能不全という背景で実施される。」

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米金融当局は年内にQE再開へ、国債市場の安定目的で-ポジャール氏

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう