おすすめ記事

米金融当局は2%の物価目標達成できるか、ウォール街で疑念強まる

記事を要約すると以下のとおり。

債券市場の一角での取引は米インフレ率が今後1年で金融当局の目標の2%近くまで低下するとの予想を示唆しているが、ウォール街の資産運用会社の間ではそれは非現実的だとの意見が増えている。
 資産運用会社はウォール街の優秀な頭脳がインフレ急加速とそれに伴う急ピッチの米利上げを予見できなかった2022年の二の舞を避けたい考えで、ブラックロックやバンク・オブ・アメリカ(BofA)、ダブルライン・グループに続いて、インフレ高止まりが長期化すると警告する企業が増えている。
 バンエックの集計データによれば、1960年以降、米消費者物価指数(CPI)上昇率がいったん5%を超えれば、2%かそれ以下の水準に低下するまでに平均12年かかる。
 シャスラー氏のインフレ見通しは両方の指数を考慮している。
 バンエックのシャスラー氏は、米国の大規模なインフラ投資が原因でインフレは高止まりすると予想。
米国が化石燃料に代わる代替エネルギーにシフトするにつれ、エネルギー価格は上昇する可能性エラリアン氏、FRBインフレ目標は3%の方が良い投資先だろうと語った。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米金融当局は2%の物価目標達成できるか、ウォール街で疑念強まる

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう