おすすめ記事

米集合住宅の貸し手にコスト高が直撃-変動金利ローンでデフォルトも

記事を要約すると以下のとおり。

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)時に急激な家賃上昇の恩恵にあずかった米国の集合住宅経営者が突然、赤字に陥っている。
その上、物件の評価額が下落し、所有者が売却や融資借り換える投資家は、これほどまでに経費が上昇するとは誰も予想していなかったということだと賃貸データ追跡サイト、リアルページのチーフエコノミスト、ジェイ・パーソンズ氏は指摘。
 今のところ、その影響は限定的だ。
全米で最も大きく、最も大きく、最も大きく、最も大きく、最も大きく、最も大きく、最も大きく、最も大きく、最も高い賃貸不動産市場であるニューヨーク市の家主、A&Eが借りた5億600万ドルのローンは金利の上限が3.66%に設定。
レートキャップがない場合の半分程度だ。
「ローンを借りてから、支払いを滞りなく行っており、貸し手に対し今後も全ての債務を履行することに何の心配もない」とコメントした。
 変動金利の融資を短期間受けることで、集合住宅の取得費用と家主が家賃を上げられるようにするための改修費用を賄い、その結果、債務返済のための資金をより多く確保することができた。
 ヒューストンの集合住宅シンジケーター、アップルズウェイ・インベストメント・グループは2億3000万ドルの変動金利ローンでデフォルトし、4月に3200戸に対し担保権が執行された。
 アップルズウェイはコメント要請に応じなかった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米集合住宅の貸し手にコスト高が直撃-変動金利ローンでデフォルトも

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう