おすすめ記事

米雇用統計、12月は平均時給が鈍化-雇用22.3万人増、失業率低下

記事を要約すると以下のとおり。

昨年12月の米雇用統計では雇用者数が引き続き力強い伸びを示したが、賃金の伸びが鈍化。
平均時給の伸びはヘルスケアや社会扶助、娯楽・ホスピタリティー、建設などの分野が主導した。
一部のセクターは前月からほぼ変わらず。
それは持続的なインフレを懸念していることが理由だと指摘。
労働力人口が増える中でも雇用が力強かったため、失業率を押し下げたが、賃金の伸びは鈍化した。
今回の統計では、非耐久財の製造業や人材派遣、情報処理の分野で雇用者が減少した。
民間再就職会社チャレンジャー、グレイ・アンド・クリスマスが発表した12月の人員削減数は前月比では減少したものの、前年同月からは129%増加した。
 家計調査に基づく就業者は71万7000人増加した。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米雇用統計、12月は平均時給が鈍化-雇用22.3万人増、失業率低下

Twitterでの意見

キンピラ@ゴールドプラチナ3千
米雇用統計、12月は平均時給が鈍化-雇用22.3万人増、失業率低下 判断に難しい
小菅 努
株と金の底固さは、この辺の指標から。賃金インフレ関連データとして消化。1月雇用統計でも平均時給が注目されましたが、仮に2月の雇用強めでも賃金インフレ抑制なら、金相場は強め推移。 >米雇用コスト、22年第4四半期は1.0%上昇に鈍化 1年ぶり低水準
yuki
【米雇用統計・ISM非製造業指数 まとめ】 ■雇用統計 平均時給が市場予想を下回る 賃金の上昇が落ち着くことでインフレの鈍化に直結してきます ■ISM指数 市場予想を下回り景況感は悪化 しかし現在の状況では景気が悪化することでインフレ・利…
Five Arrows Club
円売越額、5ヵ月ぶり低水準 投機筋:日本経済新聞 ドル安の影響も大きい。米国では6日発表された昨年12月の米雇用統計で平均時給の伸びが市場予想を下回るなど、インフレ圧力に鈍化の兆しがみられる。
まさか
2023年第2週目 米消費者物価 12月6.5%上昇 6カ月連続で鈍化 米12月雇用統計 失業率低下3.5% 平均時給は鈍化 日米2プラス2 対中で日米同盟強化 反撃・宇宙・サイバー 日英円滑化協定 中国 ゼロコロナ政策終了 ダウ  週➡️日⬆️ 日経  週⬆️日⬇️ ドル円 週➡️日⬇️ BTC 週⬇️日⬆️ 金ドル 週⬆️日⬆️
マナてゃ@デブノガレ💎🔰投資初心者ガール
CPIコア指数5.7%プラスと伸びが鈍化予想。先日発表された12月の雇用統計では平均時給の伸びは4.6%となり去年3月から低下傾向。CPI予想通りならば21年10月以来の水準に減速。織り込む形で株式相場は年初から上昇。ソフトランディング…
うさぎ🐇🐣かぶ
米12月雇用統計での平均時給の伸び鈍化を確認しダウ先物も150p高。 Dow futures gain 150 points after jobs report shows lighter wage gains than expected…
うさぎ🐇🐣かぶ
米12月雇用統計の結果を受け、ドル円は134円後半から133円半ばへ下落。平均時給の伸び鈍化を意識。 NFP→22.3万人増 vs 市場予想 20万人増 失業率→3.5% vs 市場予想 3.7% 平均時給→前月比0.3%増 vs 市場予想…
うさぎ🐇🐣かぶ
米12月雇用統計、NFPは市場予想超えも ・平均時給の伸び鈍化、前月分も下方修正 ・NFPの増加、食品サービスがほぼ半分 ・NFPのうち、労働市場の先行指標とされる派遣が5カ月連続で減少 FF金利先物、弱い材料に反応し再び11月の利下げ転…
あきこ│ライフチェンジデザイナー
今日は、ドル円が円高で推移。連休前は134円台だったのが131円台。米国雇用統計で、平均時給の伸びが鈍化したことで、米金利下落の観測。日米金利差縮小で円高。日銀の更なる実質的な利上げもあり得るので、まだ金利差が縮まるかも。
ハットリくん
10日、日経平均は201円高と3日続伸。米雇用統計で平均時給の伸びの鈍化が確認され、東京市場でも買いが先行した。日経平均の上げ幅は一時342円高まであった。買い一巡後は伸び悩み後場は横ばい圏での値動きが続いた。レザーテック(+4.45%)や東京エレク(+3.08%)など半導体県関連が高い。 日経平均
くいっくごー
10日東京為替市場 東京消費者物価指数(生鮮除く)前年比が4.0%と約40年ぶりの高水準となった事を受けて午前中は円買いが優勢 先週末に米雇用統計での平均時給の伸び鈍化やISM非製造業景気指数の弱さ等からドル売りが出たドル円 昨日の市場でドル安の流れが強まり131.30円近くまで下げた後は
佐藤茂雄(Mark)
1/9、ニューヨーク巿場の金相場は続伸。始値1,872.80ドル、高値1,886.40ドル、安値1,869.30ドル、終値1,877.80ドル. 前日比+8.10(+0.43%)。6日発表された米雇用統計では、平均時給が前月比0.3%增と市場予想の0.4%を下回り、前年同月比で4.6%増といずれも伸び率が鈍化したことで、
ロン
そのとき市場はどう動いた? 米12月雇用統計編 米6日8時半発表の12月雇用統計で、NFPは22.3万人増と予想の20万を上回った。 しかし、失業率は予想の3.7%を下回る3.5%。平均時給は、前月比+0.3%、前年比+4.6%と予想を下回った。 雇用堅調で賃金インフレ鈍化、リスクオンの株高、金利低下、円高。
金投資情報
9日のNY金はドル下落に伴う割安感を受けた買いに支えられ、続伸。6日に発表された米雇用統計では平均時給の上昇率の鈍化が示された。さらにISMサービス業購買担当者景況指数(PMI)が予想を下回り、FRBによる利上げペースの減速観測が台頭したことで、米長期金利が低下し、ドルが下落した。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

LINEじゃ言えない話はメルマガで配信してます。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう