おすすめ記事

米CPI、コア指数2カ月連続で低い伸び-インフレ沈静化に期待

記事を要約すると以下のとおり。

7月の米消費者物価指数(CPI)は、食品とエネルギーを除くコア指数が前月比0.2%上昇と、6月に続き低い伸びにとどまった。
 今回のCPIを受け、米連邦公開市場委員会(FOMC)が9月会合で政策金利を据え置く可能性が高まりそうだ。
中古車価格は2カ月連続で低下し、航空運賃も前月に続いて大きく値下がりした。
自動車保険は前月比0.2%上昇(6月は4%上昇)となった。
コアインフレが持続的に低下傾向をたどるには、住居費の伸び鈍化が極めて重要となる。
 CPIと別に発表された統計によれば、インフレ調整後の実質平均時給は7月に前月比0.3%増となった。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米CPI、コア指数2カ月連続で低い伸び-インフレ沈静化に期待

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう