おすすめ記事

米CPI、11月に上振れ-インフレ低下への険しい道を浮き彫りに

記事を要約すると以下のとおり。

米国の消費者物価は11月に上振れし、政策金利を当面高い水準で維持する連邦準備制度理事会(FRB)の意図を補強する形となった。
USConsumerPricesPickedUpinNovemberCoreinflationrose0.3%,whileheadlinemeasureunexpectedlyincreasedSource:BureauofLaborStatistics  連邦公開市場委員会(FOMC)はこの日から2日間の定例会合を開始。
 サンタンデールUSキャピタル・マーケッツの米国担当チーフエコノミスト、スティーブン・スタンレー氏は「1年前から状況は良くなっているが、これがインフレの本流だとすれば、現時点で金融緩和が間近に迫っているとは考えられない。」
 今回のCPIは家賃や医療ケア、自動車保険の価格上昇を反映。
 総合CPIの約3分の1を占める住居費カテゴリーの価格が持続的に軟化することが鍵を握るとエコノミストはみている。
パウエル議長らFRB当局者はインフレの道筋を判断する上でこうした指標の重要性を強調しているものの、別の指数に基づいて算出している。
動画:ブルームバーグテレビジョンのCPI報道出所:ブルームバーグ  統計の詳細は表をご覧ください。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米CPI、11月に上振れ-インフレ低下への険しい道を浮き彫りに

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう