おすすめ記事

米CPIの5%割れ、インフレ対策の奏功を示唆-市場関係者の見方

記事を要約すると以下のとおり。

10日に発表された4月の米消費者物価指数( CPI)は前年同月比での伸び率が2年ぶりに5%を下回るなど、インフレ鈍化の兆候を示した。
ただ、ペースは当局が望むよりも緩やかだ。
経済指標は下降を続けるとみているが、現在のバリュエーションを考えると、リスク資産にとって良い材料ではない。
◎スイスライフ・ジェスティヨン・プリヴェのポートフォリオマネジャー、アレクサンドル・ハルビン氏:  統計は予想通りで、意外な要素はない。
良いニュースがないことだ。
その乖離(かいり)がやや意外で、経済の向かい風が恐れられたほど顕著ではないとの期待を高めている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米CPIの5%割れ、インフレ対策の奏功を示唆-市場関係者の見方

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

追伸:

LINEで土開のビジネスコラムを公開していますので、
友達登録がまだでしたら登録しておいてください↓

⇒ 土開千昭とLINE友達になる

【読者限定 無料プレゼント】

「投資・資産形成・財務分析に役立つ書籍リスト」をプレゼント致します。ぜひ、受け取ってご活用ください。

【リアルタイムで情報を得たい】
以下2つのSNSでのんびり更新しております

⇒ 土開のフェイスブック (友達&フォロー大歓迎)

⇒ 土開のTwitter 

Twitterでフォローしよう