おすすめ記事

米FRB、来週にあと1回利上げで打ち止めへ-エコノミスト予想

記事を要約すると以下のとおり。

過去40年で最も積極的なインフレ退治の取り組みとして、昨年3月に現行の利上げキャンペーンを開始した米金融当局について、来週の連邦公開市場委員会(FOMC)会合であと1回の追加利上げを決めて打ち止めにすると、エコノミストの大多数は予想している。
     パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長をはじめとする金融当局者は利上げを再開する方針を示唆している。
FedRatesRangeSeenPeakingat5.5%inJulyEconomistsestimaterateswillstayhigherforlonger,seefirstcutinMarchSource:BloombergNewssurveyofeconomistsJuly13-18Note:Junereportdidn'tsurveyforestimatesofratesatJanuaryandMay2024meetings  ネーションワイド・ライフ・インシュアランスのチーフエコノミスト、キャシー・ボストジャンシク氏は調査の回答で、「FOMCが来週の会合で利上げを決めるのはほぼ確実だと指摘。」
それはわれわれの基本シナリオとも合致する。
 他方、金融当局者は6月の経済予測で24年末時点のFF金利を4.75%と、一段と緩やかなペースでの利下げを予想していた。
MostEconomistsExpectaUSRecessionWithin12MonthsAboutaquarterseeacontinuedexpansionwithasoftlandingSource:BloombergNewssurveyofeconomistsJuly13-18EconomistswereaskedifUSwouldhavearecessioninthenext12months  最新調査で今後1年以内に米国のリセッション(景気後退)を予想したのは58%と歴史的低水準に近い失業率に加え、CPIの予想を上回る鈍化もあり、一部エコノミストの展望も前向きなものにシフトしている。

[紹介元] ブルームバーグ マーケットニュース 米FRB、来週にあと1回利上げで打ち止めへ-エコノミスト予想

Twitterでの意見

【Getwin取得処理中】負荷分散処理のためリアルタイムでは取得されません。スケジュールの順番が来るまでしばらくお待ち下さい。

Twitterでフォローしよう